芦屋・東灘地域限定
設計施工一貫体制
呼吸する自然素材
適正価格
お値引ゼロ
地域No.1チーム
企業情報
ストックブログ
お問い合わせ

採用情報

Blog

■ プランや仕上げで変わる床下地

Date: 2014/1/20

ストック本城です。

 

芦屋S様邸では、床工事が進んでいます。

 

マンションのリフォームの場合、それぞれの物件、間取り、仕上げによって

 

床の下地作業や材料が異なってきます。

 

芦屋S様邸の場合、キッチンスペースが広くなり、仕上げもリビングと異なるため

 

元々あった段差を解消し、新たな仕上げによる段差も解消するために

 

チームSTOCKの左官職人Kさんが作業中です。

re1.JPG

P1090253aa.JPG間取りの変更ではいろんなところで隙間や段差が生じています。

P1090250.JPG

また、フローリング工事においては、マンションの管理規約で

 

遮音等級等が定められていますので、それぞれの規定を満たすために

 

それぞれの物件の状況により

 

「遮音フローリング」や「遮音マット+無垢フローリング」や「遮音2重床+無垢フローリング」

 

などの施工が必要となります。

 

芦屋S様邸の場合は、遮音等級L45で無垢のナラフローリングを貼るので

 

「遮音マット」または「遮音2重床」を下地に使うのですが

 

もともとカーペットでしたので床下地の不陸(平らでないこと)もなく

 

天井高も確保したく、またキッチンなどのクッションフロア部分との段差も

 

無くしたいため、厚みの薄い「遮音マット」(下写真)を採用しました。

 

硬質なゴム、木のパネル、2種類のスポンジで構成される22ミリのマットです。

re2.JPG

これを敷き詰めて、その上に無垢のナラフローリングを施工します。

re3.JPGチームSTOCKの大工Aさんがフローリング貼りの作業中です。

re4.JPG

無垢のフローリングは、季節や部屋の環境により、伸縮するため

 

下写真のように名刺一枚くらいのスペーサーを挟み込み、隙間を確保します。

re5.JPG

こうすることで、夏の湿気の多いときに空気中の水分を含んで膨張しても

 

余裕があり、むくれ上がってくるようなことがありません。

 

マンションリフォームの床の仕上げや納まりなどは、とにかく物件によって

 

仕上げ材によって、選択するものや施工方法が変わってきます。

 

ストックでは物件探しの段階からある程度判断して

 

お客様にお伝えするようにしています。

 

【ストック株式会社】神戸市東灘区と芦屋市を中心に、自然素材を使ったリノベーション(中古マンションのリフォーム)やオーダー家具など、こだわりのライフスタイルのお手伝いを致します】

 

トップページへ戻る
最新アーカイブ
リフォーム相談会:芦屋・東灘地域限定/マンションリフォーム専門/ご紹介とOB客様リピート工事が8割/安心の地域密着かかりつけ工務店【ストック株式会社】です。

芦屋・東灘地域限定/マンションリフォーム専門/ご紹介とOB客様リピート工事が8割/安心の地域密着かかりつけ工務店【ストック株式会社】です。