投稿

01.洗濯用水栓(老朽化)【CIY】

ストック本城です。

キッチンや洗面台などの水栓は、ほとんどの場合

台の下(キャビネット内)に止水栓(バルブ)があり

万が一の水栓の故障でも、それで仮に止水しておくことができます。

浴室水栓は根元に止水バルブが組み込まれていて

トイレは給水パイプやホースの根元に止水栓(バルブ)があります。

そこで・・・私が中古マンションで老朽化した水栓を見て

1番怖いなぁと思うのが・・・洗濯用水栓なんです。

洗濯機用水栓の多くが止水栓が無く、万が一の水漏れ時には

水道メーターの止水栓を閉める必要があり

そうすると家中の水が使えなくなるからです。

洗濯用水栓でご依頼のある事例を

3回に分けてご紹介いたします。


OB客・芦屋S様より

「実家の古い洗濯用水栓から水漏れしているので・・・」

と画像添付のメールをいただきました。

お母様のおひとり暮らしなので、今後のことを考えると

老朽化した水栓ごと交換しておくのが安全と考え

早速新しい水栓を準備して作業訪問

給水管は大規模修繕にて樹脂配管に交換されている模様

新しい洗濯用水栓に交換して

これで安心して生活いただけます。

マンションは水漏れが下階に漏れると大変ですから

老朽化した洗濯水栓は早めの交換をオススメしております。

【ストック株式会社 代表取締役 本城健裕】芦屋市・神戸市東灘区地域限定/マンションリフォーム・リノベーション専門/ご紹介とOB客様リピート工事が9/安心の地域密着かかりつけ工務店

9時から18時まで
都合により出ることができない場合は
折り返しご連絡を差し上げます。

ストック株式会社