投稿

19.キッチン家電収納(既存家具利用)

ストック本城です。

リフォームのお打ち合わせでは

処分する家具と残したい家具をお聞きして

採寸して、配置も考えますが・・・

お客様が要らないと言っても再利用できるものもあるし

お客様が要ると言っても処分した方がよいものもあります。

キッチンでも既存のカップボードをどうするか?

家電収納をどうするか?

が話題になりますが・・・実用性とリビングダイニングから

どう見えるか・・どう見せるか・・がポイントになります。

施工事例をご紹介します。


OB客・芦屋F様邸の場合

今までダイニングに丸見えで置いてあった

既存のカップボード・・・

芦屋F様「これは要らないかなぁ・・・」

ストック本城「上半分は処分して、下半分は使いましょう!」

芦屋F様「えー雰囲気壊れませんかね?」

カップボードの下半分はキッチン背面に隠して設置

その右スペースに電子レンジを設置

ストック基準の幅55センチの可動棚で

余白は少なく・・・電子レンジの買い換えでも心配無し。

リビング側からはカップボードや家電収納は見えません。

雰囲気壊れていません^_^

そして・・・キッチン上の固定棚には

バルミューダ社の炊飯器とトースターを見せる配置に・・・

寸法もしっかり抑えて、コンセントも棚の上に用意しています。

白いタイルにバルミューダ社の家電・・・GOOD!!


OB客・東灘N様邸の場合

まだまだ新しい既存のカップボードあり

東灘N様「これが使えたら嬉しいです。」

ストック本城「下半分だけでも良いですか?」

東灘N様「上半分どうしよう・・・納戸で本棚にするか^_^。」

キッチン背面にカップボードの下半分を隠して設置

右側の空きスペースには

ストック基準の幅55センチの可動棚で

電子レンジなどを設置できるようにしました。

カップボードと家電収納は、天然石貼の囲いで隠れています。

奥のピンク色のパントリーはチラ見せ収納・・・

隠すべきものはしっかり隠して

見せたいものは雰囲気良く見せる

こういう部分を大切にしたいですね。

【ストック株式会社 代表取締役 本城健裕】芦屋市・神戸市東灘区地域限定/マンションリフォーム・リノベーション専門/ご紹介とOB客様リピート工事が9/安心の地域密着かかりつけ工務店

9時から18時まで
都合により出ることができない場合は
折り返しご連絡を差し上げます。

ストック株式会社