投稿

32.日常と非日常をIKEAワゴンで切り替える

ストック本城です。

IKEAの商品を紹介して・・・リフォーム関係ないだろ

と思われるかもしれませんが・・・

IKEAのワゴン「ロースゴク」と

少し小さくダイニングテーブルの下にも入る「ロースフルト」

IKEAの店舗でもずーっと前から

大々的に展示販売されているので

お住まいに1台2台お持ちの方も多いかと思います。

カラーも選べて、安さも大変魅力です。

では・・・リフォームと何が関係あるのか・・・

ストックでリフォームのお打ち合わせをさせていただくときに

「リビングに家族それぞれが私物を置き

どうしてもゴチャゴチャする。スッキリさせたい!」

「ホテルみたいなオシャレな洗面にしたいなぁ」

と言ったニュアンスのご相談をいただきますが

お客様も・・・半分あきらめている感じもあります^_^。

つまり・・・

「非日常的な空間に憧れるし、来客時くらいスッキリさせたい!」

でも・・・

「日常生活の空間だから、家族もいうこと聞かないし、保てないか」

と諦めているという感じです。

その時にリフォームでお金をかけるのではなく

お勧めするのがIKEAのワゴン・・・

しかも・・・「最低家族1人1台」が理想的です。

家族一人一人が別々に私物を何でも

ワゴンに積み込むんです^_^。

スマホ・タブレット・充電器・イヤホン・クスリ・耳かき

爪切り・雑誌・文庫本・ティッシュ・化粧水・ヘアバンド

膝掛け・靴下・お菓子・文房具・宿題・オモチャ

ペットボトル・趣味の色々・・・まだまだ入りますよ^_^

TV見る時はソファの横に置いて・・・寝る時はベッドの横に

来客時は全ワゴンはリビングから退去すれば良いんです!

ほとんどのマンションは平屋ですから・・・

ワゴンが便利なんです。

洗面の場合の事例をご紹介します。


OB様・芦屋H様邸の場合

洗面とトイレが同じ空間のため、来客時には

トイレや洗面台をお客様も使われます。

このスッキリした状態を保つために

日中はカーテンで隠れた浴室にIKEAのワゴンが

隠れているのです。

家族4人の歯ブラシ・化粧品・ドライヤー・カミソリなど

がギッシリ積み込まれていますが

急な来客時でも片手で非日常に切り替えられるのです。

リビングでも同じように考えると

悩んでいた日常と非日常の切り替えが

このIKEAワゴンでできそうな気がしませんか?

【ストック株式会社 代表取締役 本城健裕】芦屋市・神戸市東灘区地域限定/マンションリフォーム・リノベーション専門/ご紹介とOB客様リピート工事が9/安心の地域密着かかりつけ工務店

9時から18時まで
都合により出ることができない場合は
折り返しご連絡を差し上げます。

ストック株式会社