投稿

60.トイレ空間は便器ではなく照明で変わる。

ストック本城です。

最近の公共施設のトイレと商業施設のトイレ・・・

入った時の印象が違うことが多いですが

一体何が違うんでしょうか?

便器は、ほぼLIXILかTOTOで、ほぼホワイト色

清掃も今時はどこも行き届いています。

ストック本城は

「明るい暗いではなく、照明の光の濃淡があるかないか」

ではないかと思っています。

公共施設はただただ明るい犯罪の無い空間を目指し

商業施設はリラックスできる空間を目指している

その差が照明計画にあると思います。

では、分譲マンション住戸のトイレで考えると

「なぜ天井の換気扇の埃が照らされているのか?」

「なぜ壁の大きな分電盤が照らされているのか?」

「天井付近までこんなに明るい必要があるのか?」

と疑問に思います。

公共施設や商業施設は少なくとも目指すところがありますが

ほとんどの分譲マンションは「トイレに照明1個」くらいの

感覚で照明計画がなされてきたように感じられます。

トイレの照明が1個または2個ならば

その位置や種類やどこを照らすのかどこを影にするかなど

少し考えれば

劇的にトイレ空間が変わってくるように思います。

お金をかけるのではなく、安いトイレでも

照明計画について少し考えることが大切だと

ストックは考えています。

施工事例画像を20例並べてみます。


【ストック株式会社 代表取締役 本城健裕】芦屋市・神戸市東灘区地域限定マンションリフォーム・リノベーション専門/ご紹介とOB客様リピート工事が9/安心の地域密着かかりつけ工務店

9時から18時まで
都合により出ることができない場合は
折り返しご連絡を差し上げます。

ストック株式会社